月別アーカイブ: 2017年7月

コーヒーは美容のために飲む人も多い

コーヒーは、眠気覚ましとして飲むだけでなく、美容のために飲む人も多いです。

これは、「クロロゲン酸」というポリフェノールにより、美肌とアンチエイジング効果が期待できるためです。クロロゲン酸には抗酸化作用があるので、体を酸化させる「活性酸素」を抑制してくれます。

体が酸化すると老化が早まりますが、これを抑制できるということは、若々しく健康な肌を保つことにつながるわけです。この効果を最大限に得るためには、ポリフェノールをより多くする飲み方がおすすめです。

まず、インスタントではなくドリップを、深煎りではなく浅煎りを選択しましょう。その方がポリフェノールが多いので、美肌効果が高まるのです。また、コーヒーを飲むときに熱湯を使う人も多いですが、それは避けて、ぬるめのお湯を使うと良いでしょう。

これは、ポリフェノールが熱に弱いためです。あまり熱い湯を使うと、その効果が十分に発揮できません。沸かし過ぎず、80℃くらいにとどめておけば、ポリフェノールをしっかり摂取できるのです。これらの飲み方を意識すれば、コーヒーの美肌効果を大きくできますが、飲むときには、少し注意したいこともあります。

それは、空腹時に飲んでしまうことです。コーヒーには、カフェインによる眠気覚ましの効果もあるため、朝一番でいきなりコーヒーを飲んでしまう人もいますが、これは胃に大変な負担をかけてしまいます。

胃が荒れることは、肌にもよくないので、美肌を考えるなら、そのような飲み方はやめましょう。そして、寝る前に飲むのも禁物です。これは、カフェインによって眠りを阻害してしまうと、肌の回復までも妨げることになるためです。

肌のダメージは、睡眠中に成長ホルモンの働きで回復していますが、よく眠れないと、この働きが鈍ってしまいます。睡眠不足が肌に悪い言われるのは、このためです。したがって、就寝の3時間前になったら、コーヒーは飲まないようにしましょう。これらの注意点を守り、適切な飲み方をすれば、より確実な効果を得ることができます。