投稿者「ohakoi」のアーカイブ

肌が潤いの少ない状態になっている理由

プラセンタを摂るには注射だったりサプリメント、これら以外にも肌に直接塗りこむといった方法があるのですが、なかんずく注射が最も効果が高く、即効性もあると指摘されているのです。

人の体内では、コラーゲンの量というのは一番多いのが20歳ごろです。その後は逆に減っていき、年をとればとるほど量のみならず質までも低下すると言われています。この為、何とかしてコラーゲンを維持しようと、いろんなことを試してみている人も少なくないそうです。
各メーカーからのトライアルセットを取り寄せれば、主成分がほとんど変わらない美容液や化粧水などを自分でトライしてみることができますので、その化粧品が自分の肌にあうか、質感あるいは匂いに不満を感じることはないかなどをしっかり確かめられるのではないかと思います。
基本的なものが組み合わされているトライアルセットを、旅行用として利用しているという人たちも多いのではないでしょうか?価格の点でも割安であるし、別に大きなものでもないので、あなたもトライしてみたらその便利さが分かるはずです。

「お肌に潤いがなさすぎるから、改善したいと思う」という方は大勢いらっしゃるみたいですね。肌が潤いの少ない状態になっているのは、年齢を重ねたことや生活リズムなどが原因のものが半分以上を占めるらしいです。

脂肪酸の一つであるリノール酸を多く摂りすぎたら、セラミドを少なくするらしいです。というわけで、リノール酸の量が多い植物油などの食品は、過度に食べることのないような心がけが大切ではないかと思われます。
スキンケアにおいて軽視できないことは、肌の清潔さ保持、そして保湿ということです。仕事や家事で疲労困憊していても、化粧した顔のままで寝たりするのは、肌への影響を考えたらありえない行為だと断言できます。

美白化粧品を利用してスキンケアをするのみならず、サプリメントの摂取や食事によってトラネキサム酸やビタミンC誘導体とかの有効成分を補給したり、その他シミに効くピーリングをして古い角質を取り除くなどが、美白のために大変効果が高いそうなので、参考にしてください。
どんなにシミの多い肌であっても、適当な美白ケアを丁寧に施したら、美しい真っ白な肌になることができるはずなのです。何があろうともあきらめることなく、前を向いてゴールに向かいましょう。

美白美容液を使用する際は、顔面の全体にしっかり塗ることが大事なのです。そこを外さなければ、メラニンの生成そのものをブロックしたりメラニンが真皮に沈み込まないようにできるので、シミにならないで済むわけです。それを考えたら格安で、ケチケチしないで使えるものがおすすめです。

スキンケアには、努めてたっぷり時間をかけていきましょう。一日一日異なる肌の塩梅を確かめつつ量を多少変えるとか、部分的に重ね付けするなど、肌との対話をエンジョイするといった気持ちでやってみていただきたいと思います。
肌のアンチエイジング対策の中で、最も大事であると言える要素が保湿です。天然の保湿成分と言われるヒアルロン酸やセラミドのような保湿成分をサプリの形で摂ってみたり、配合されている美容液とかを使って上手に取り入れていきましょうね。

紫外線などにより活性酸素が発生すると、セラミドが肌の中で合成されるのを妨害してしまいますから、抗酸化力に優れている食べ物、たとえば緑黄色野菜などを意識的に食べることで、体内の活性酸素を減らしていくよう頑張っていけば、肌荒れをあらかじめ防ぐこともできるので最高だと思います。
ここ数年は魚由来のコラーゲンペプチドを原材料として製造された「海洋性コラーゲンの健康補助食品」なども見かける機会が増えましたが、何が動物性と違うのかにつきましては、今のところ明確にはなっていないと聞いています。
肌の保湿をするのなら、各種ビタミン類や上質のタンパク質を摂取するように努めるのはもちろんの事、血のめぐりが良くなり、加えて抗酸化作用も望める小松菜、クレソンなど緑黄色野菜や、納豆、豆腐などの豆類とかを食べるように意識することをお勧めします。

おでこにニキビができる3つの原因と対策

おでこにニキビができやすい人は、その原因を探ってみましょう。
原因に合わせた対策法を実行することで、ニキビがなく滑らかなおでこを手に入れることができます。

シャンプーの後にはしっかりと洗い流す

シャンプーした後に、しっかりと成分を洗い流さないとニキビの原因になるため注意です。
まず、シャンプーの洗い流しが十分でないと、泡がおでこ部分についたままになってしまいます。シャンプーの中には、界面活性剤や防腐剤など、お肌に刺激を与える成分が含まれているため、泡を付けたままにしておくことで炎症の原因となってしまいます。お風呂に入る時には、泡を十分に洗い流すようにしましょう。

これは、シャンプーの時だけではなくリンスしたときも同様です。リンスをした後にも、成分が残らないように十分な洗い流してみてください。

髪をおでこにかぶせないように注意

髪型によって、おでこのニキビが発生しやすくなるので注意が必要です。

髪型の中でも、前髪を伸ばしていると、おでこ部分を刺激しやすいです。毛先がおでこに触れることで、痒みが発生してしまいかいてしまいます。頻繁に皮膚をかき続けていると、ニキビができやすくなるので注意が必要です。

また、前髪を伸ばしていることでおでこ部分が蒸れやすくなってしまい、ニキビができやすくなります。体質的にニキビができやすい人は、前髪をアップにするなど髪型に工夫が必要です。

紫外線対策を行う

おでこ部分は、顔のほかの部分に比べて紫外線が当たりやすくなっています。紫外線に当たり続けていると、その刺激によりニキビができやすくなりますし、なかなか状態も改善してくれません。この悩みを解消するためにも、日焼け止めを塗る習慣を身につけましょう。

日焼け止めを塗ることで、紫外線からお肌を守ることができます。ニキビができやすく悩んでいた人も、安心して過ごせるようになります。日焼け止めの中には、石鹸で簡単に洗い流せるものもあるので、敏感なお肌の方でも使いやすいです。

ガチでシミを消したいあなたにおすすめの2つの方法伝授!

シミができると一気に肌の質は落ちますよね。シミが少しあるだけでもすごく目立ち、後々自分の肌への自信を失ってしまうでしょう。このシミをどうにか治したいというあなたへ、ガチでシミを消すための方法をご紹介します。シミができたときの対策にはこの方法のいずれかをご利用ください。

短期間で変貌!レーザーでシミを治療する

シミをガチで消したいと願う方はレーザー治療を受けてください。これが最もシミを消せるいい方法です。レーザー治療なら素早く適切にシミを消すことができ、じわじわ時間をかけて…ではなく、一気にシミを治療することができるのです。

短い期間中にシミを消したいと、差し迫った期間の間にシミを消したいのなら、間違いなくレーザーでシミを治療するべきです。お金さえあれば、レーザー治療が一番確実なシミを消す方法といえるでしょう。
ただレーザー治療は「炎症性色素沈着」や「肝斑」タイプのシミには有効ではありませんので、このタイプのシミができてしまっている場合には別の対処法を考えてください。このタイプのシミには美白化粧品によるスキンケアがふさわしいでしょう。

コツコツ効果!美白化粧品ケアでシミを治療する

レーザー治療など病院での治療に抵抗感を感じるのなら、自宅での治療を考えましょう。今は美白化粧品といわれるものがあり、シミを改善する手立ては化粧品にもあります。一部のシミなら化粧品ケアでもしっかり治療できるのです。
化粧品ケアで消せるシミには種類があり、「老人性色素斑」や「炎症性色素沈着」や「肝斑」には有効です。このタイプのシミになら、化粧品でもなんとかなることがあり、シミを治療してくれるのです。お値段もレーザー治療よりはよっぽどお手軽な価格ですので、おすすめです。

あなたのシミのタイプにもよりますが、美白化粧品は一部のシミの方におすすめです。治すまでにはコツコツ時間がかかりますが、それでも一部のシミには驚異的な働きをしてくれるので、シミ対策化粧品で治療することもお考えください。

ニキビを治すために試す価値のある3つの行動!

ニキビを治したくていろんな行動を取るけどなかなか治らないという人は多いのではないでしょうか。

せっかく試してもニキビが治らないと本当にもやもやしてイライラしますよね。期待が大きかっただけにニキビが治らないとガッカリでしょう。そんなあなたへニキビを治すために試す価値のある3つの行動をご紹介します。このような行動を試してみるとそれまで治らなかったニキビが治る可能性がありますよ。

最初オススメするのは自分のお肌にぴったりのニキビ用化粧品を利用することです。ニキビには効くと言われるあらゆる化粧品があるのですが、やっぱり効き目には個人差があります。

やり方としてはとにかくいろんな化粧品を使って見て、自分の肌に合ったものを探すしかないですね。ニキビにはビタミンCがおすすめで、このようなビタミンCを豊富に補給できる化粧品が良いでしょう。

ビタミンCは免疫力の上昇効果があり、ウイルスを追い払ってくれるのです。またニキビの炎症を押させる効果もあるので、ニキビを治すために有効です。まず試すには価値がある行動なので、ビタミンCを補給できる化粧品をご利用ください。

次に医薬品の利用もおすすめです。実はニキビを治すための医薬品というのがあり、これを活用すると高い確率でニキビが治りやすいのです。普通の商店で販売されているものではなく、病院に行って診てもらったときに出してもらったものが効果を期待できます。このように医薬品はニキビを治す力が強いため、効果がある可能性が高いのです。市販のものよりも効果的にニキビに効くので、試してみる価値はあるでしょう。

最後にどうしてもニキビを治したいなら施設でニキビの治癒方法を試しましょう。施設では注射したり、レーザー治療や光治療を受けることでニキビは治る可能性が高いです。必ず治したいならこのような行動を取りましょう。ニキビを治癒する効果的な方法がご紹介したような3つです。この中の方法を試してみて、自分のニキビをしっかり除去しましょう。

コーヒーは美容のために飲む人も多い

コーヒーは、眠気覚ましとして飲むだけでなく、美容のために飲む人も多いです。

これは、「クロロゲン酸」というポリフェノールにより、美肌とアンチエイジング効果が期待できるためです。クロロゲン酸には抗酸化作用があるので、体を酸化させる「活性酸素」を抑制してくれます。

体が酸化すると老化が早まりますが、これを抑制できるということは、若々しく健康な肌を保つことにつながるわけです。この効果を最大限に得るためには、ポリフェノールをより多くする飲み方がおすすめです。

まず、インスタントではなくドリップを、深煎りではなく浅煎りを選択しましょう。その方がポリフェノールが多いので、美肌効果が高まるのです。また、コーヒーを飲むときに熱湯を使う人も多いですが、それは避けて、ぬるめのお湯を使うと良いでしょう。

これは、ポリフェノールが熱に弱いためです。あまり熱い湯を使うと、その効果が十分に発揮できません。沸かし過ぎず、80℃くらいにとどめておけば、ポリフェノールをしっかり摂取できるのです。これらの飲み方を意識すれば、コーヒーの美肌効果を大きくできますが、飲むときには、少し注意したいこともあります。

それは、空腹時に飲んでしまうことです。コーヒーには、カフェインによる眠気覚ましの効果もあるため、朝一番でいきなりコーヒーを飲んでしまう人もいますが、これは胃に大変な負担をかけてしまいます。

胃が荒れることは、肌にもよくないので、美肌を考えるなら、そのような飲み方はやめましょう。そして、寝る前に飲むのも禁物です。これは、カフェインによって眠りを阻害してしまうと、肌の回復までも妨げることになるためです。

肌のダメージは、睡眠中に成長ホルモンの働きで回復していますが、よく眠れないと、この働きが鈍ってしまいます。睡眠不足が肌に悪い言われるのは、このためです。したがって、就寝の3時間前になったら、コーヒーは飲まないようにしましょう。これらの注意点を守り、適切な飲み方をすれば、より確実な効果を得ることができます。

プラセンタ注射がおすすめの理由、効果を早く実感!

胎盤から抽出される「プラセンタ」、美容効果が高い事は認知されてきました。

プラセンタエキス配合の化粧品や、ドリンク、サプリメントなどが一般的には普及されています。でも、継続的な使用が必要で、効果が実感しにくいので長続きしないことがあります。「プラセンタ」のアンチエイジング効果、美白、シミ、シワの改善は広く認知されるようになりましたが、他にも、たくさんの効能があります。

女性ホルモンに作用するので、髪の毛に艶がでる、早く伸びる、自律神経を調整する、体質改善やアレルギーを抑える作用などです。そんな「プラセンタ」の効果を早く実感したいのなら、プラセンタ注射がおすすめです。1週間に1回の注射で、アンチエイジングの他にも、朝起きるのが楽になった、疲れがとれやすくなったと、効果を実感する方が多くいます。現在、プラセンタ注射として認められているのは「メルスモン」と「ラエンネック」です。

どちらも国が安全性を認めていますが、他の医薬品に比べて歴史が浅いので、この注射を受けると以後「献血」はしないように求められますので、「献血」が趣味だという方にはおすすめできません。しかし、日本で使用されてから約50年になりますが、感染症などの報告はありません。「メルスモン」は、母乳の出が悪い経産婦に使用されることがあります。

このように、病気や症状の治療ということであれば、保険が適応することもありますが、基本的に保険適応外です。そして、その金額も病院独自で定めているので、結構差があります。しかし、認められた同じ製品を、指示どおりの同じ量使用しているのですから安いから心配ということはありません。高い病院は、かなりその差額で設けているということです。

「メルスモン」と「ラエンネック」のどちらを選択したら良いかは、期待する効果によってということになりますが、美容効果ということでは「メルスモン」を選択することが多いです。ただし、併用することに問題は無いので、何回かずつ試してみて、自分に合った方を選ぶこともできますし、交互にすることもできます。

「メルスモン」は皮下注射で行うことが多いので、まれに青くなったりすることがあります。「ラエンネック」は主に、筋肉注射なので、どちらかというと痛みは強いです。痛いので皮下注射にしてほしいときなどは、医師に相談すれば対処してくれます。投与する目安としては週に1回を持続することが望ましいです。

漢方とシミの関係、効果のある漢方薬まとめ

「あっ!こんなところにシミが!」
カガミにうつる自分の顔を見て驚愕…なんて体験をしたことはありませんか?
シミには様々な種類がありますが、代表的なのが紫外線によるものでしょう。
肌が正常なターンオーバーである場合、それらは剥がれ落ち、残る心配はありません。
しかし、ストレスや睡眠不足などが重なることで目立つシミとなってお肌に現れます。
そんな時は漢方がオススメ!
漢方は、敷居は高すぎると思っている方もいるかもしれませんが、実はそんなことは全くありません。
今回は漢方とシミの関係や効果のある漢方薬についてまとめました。

紫外線が原因のシミに漢方は効果がある?

漢方がシミに効果があるって本当?
答えはYESです。
実際、製薬会社から発売されている多くのシミ対策商品には漢方成分が含まれています。
ただ、病院の処方箋や市販の薬にはあくまでも即効性が求められますから、漢方以外にも色々な成分が入っています。
体に負担なく穏やかにシミを改善したいという方には、純粋な漢方薬の方が安心して飲めるでしょう。

漢方医学の観点から見たシミのメカニズム

漢方医学では、シミを改善するために下記の3つを整えることを重要としています。

「水」
ここでいう「水」とは、リンパ液など体の免疫をつかさどる水分のことをいいます。
これらが体の外へうまく排出されないと「ムクミ」という症状になってあらわれます。
いわゆる毒が溜まっている状態ということです。
毒がたまると免疫力も落ちてきます。

「血」
読んで字のごとく、主に血液そして運ばれる栄養素をさします。
「血」のバランスが乱れることで内臓機能の低下、ホルモンバランスの乱れが発生します。

「気」
「気」とは生命・精神のエネルギーをさします。
「気」のバランスが乱れることで、精神ストレスは高まり行動力の低下や睡眠不足などといった症状としてあらわれます。
これら3つのバランスが1つでも乱れると、体に異変が起こると考えられています。
そのため、シミの改善もまずは「水」「血」「気」を整えることから始めるというのが漢方学から見たシミの改善方法です。

シミに効果あり!おすすめの漢方

ここではシミに効果があり、実際に用いられることの多い漢方薬についてまとめてみました。

「3-1. 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」
シミやニキビなどの肌荒れ。
子宮疾患や生理関係のトラブルに効果があります。

「3-2. 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」
冷え性・肌のくすみ・しみ・むくみ・生理不順・不妊症・生理痛など。

「3-3. 四物湯(しもつとう)」
産前産後の女性の冷えや、シミ、乾燥肌、血行促進など。

いろいろとありますね。
どれも嬉しい効果ばかりです。
ここにあげた漢方の種類は、シミに効果があるといわれているもののほんの一部です。

手軽に漢方薬を取り入れる方法は?

漢方薬は専門のお店でカウンセリングを受けたのち適したものを受け取ることができます。
けれど「もっと手軽に漢方を取り入れたい!」という人のために漢方が配合されたアイテムをまとめてみました。
4-1.漢方配合のスキンケアライン
最近漢方が配合されたスキンケア商品をよく見ますね。
これらは、美白や整肌に特化した漢方成分が含まれています。
外側からのアプローチとして用いるとよいでしょう。

4-2.ドリンク
美容ドリンクは個人的にはかなりお勧めです!
最近は飲みやすい味のものが増えてきました。
漢方独特の匂いや風味も軽減されてきているので、年齢層問わず飲めるでしょう。

4-3.サプリ
サプリメントになった漢方薬は持ち運びもできてとても便利!
袋から出して口に入れるだけですからほんの十数秒でシミのケアができちゃいます。
手っ取り早くケアしたいという方にはおすすめですよ。

漢方は、体に負担なく穏やかに症状を軽減させてくれるものです。
是非、自分にあったものを取りいれてシミとおさらばしましょうね!

紫外線から肌を守るために心がけたいこと

シミのない綺麗な肌でいるためには紫外線ケアをしっかりとすることが欠かせません。

紫外線は年々強くなっていますし、紫外線を浴びることによって、しみやしわの原因となり肌の老化につながるからです。
紫外線から肌を守るためには、どのようなことを心掛けたら良いのでしょうか?

紫外線は夏だけ気をつけるのではない

紫外線というと陽射しが照り付ける夏というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?
しかし紫外線の量は3月ぐらいから増え、5月~9月頃までは増えたままの状態がキープされています。
その為に夏場だけ日焼け止めを塗っておくのではなく、一年中気をつける必要があります。

また晴れている時に紫外線の量が強くなるのですが、曇りだから安心ということもありません。
曇りの日も晴れの日よりは減りますが、晴れの日の6割程度の紫外線は降り注いでいるのです。
そういったことを意識して、一年を通してしっかりと対策をしていきましょう。

日焼け止めの正しい塗り方とは

日焼け止めを塗るためには、少量づつ手に取りむらがないように塗っていくことが大事です。
ムラがあることによって、日焼け止めの効果が減ってしまいますし、塗り残しがないかどうかに気をつける必要があります。
日焼け止めは外出する際には、皮脂や汗で流れてしまうので、2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

またごしごしと塗り込んでしまうと肌への負担がかかってしまい良くありません。
しっかりと保湿をした上から優しく塗り込んでいくことが大事です。

日焼け止めを塗るだけでは足りない

日焼け止めを塗ることで対策をしっかりとしていると思いがちですが、それだけで完全とは言えません。

一つには帽子をかぶるという方法もあります。しかし帽子よりも日傘の方が広い面積で紫外線を防ぐことができるので効果があります。
また最近ではUVカットがほどこされた上着なども販売されているので、それを着用することも良いです。

このように紫外線対策をしっかりと行うことによって、肌を守ることができ、いつまでも若々しい肌を保つことができます。
紫外線は夏だけではなく、一年中と考えてしっかりと対策していくことが大事です。