未分類」カテゴリーアーカイブ

おでこにニキビができる3つの原因と対策

おでこにニキビができやすい人は、その原因を探ってみましょう。
原因に合わせた対策法を実行することで、ニキビがなく滑らかなおでこを手に入れることができます。

シャンプーの後にはしっかりと洗い流す

シャンプーした後に、しっかりと成分を洗い流さないとニキビの原因になるため注意です。
まず、シャンプーの洗い流しが十分でないと、泡がおでこ部分についたままになってしまいます。シャンプーの中には、界面活性剤や防腐剤など、お肌に刺激を与える成分が含まれているため、泡を付けたままにしておくことで炎症の原因となってしまいます。お風呂に入る時には、泡を十分に洗い流すようにしましょう。

これは、シャンプーの時だけではなくリンスしたときも同様です。リンスをした後にも、成分が残らないように十分な洗い流してみてください。

髪をおでこにかぶせないように注意

髪型によって、おでこのニキビが発生しやすくなるので注意が必要です。

髪型の中でも、前髪を伸ばしていると、おでこ部分を刺激しやすいです。毛先がおでこに触れることで、痒みが発生してしまいかいてしまいます。頻繁に皮膚をかき続けていると、ニキビができやすくなるので注意が必要です。

また、前髪を伸ばしていることでおでこ部分が蒸れやすくなってしまい、ニキビができやすくなります。体質的にニキビができやすい人は、前髪をアップにするなど髪型に工夫が必要です。

紫外線対策を行う

おでこ部分は、顔のほかの部分に比べて紫外線が当たりやすくなっています。紫外線に当たり続けていると、その刺激によりニキビができやすくなりますし、なかなか状態も改善してくれません。この悩みを解消するためにも、日焼け止めを塗る習慣を身につけましょう。

日焼け止めを塗ることで、紫外線からお肌を守ることができます。ニキビができやすく悩んでいた人も、安心して過ごせるようになります。日焼け止めの中には、石鹸で簡単に洗い流せるものもあるので、敏感なお肌の方でも使いやすいです。